副業や投資対象となるメガソーラーは節税効果も高い【近未来で有望の投資ビジネス】

ソーラーパネル

副業や投資対象となる

家

産業用の発電を選択

電力の自由化に伴いメガソーラーを副業とする人も増加しています。太陽光で発電した電力を電力会社に販売するのがメガソーラーでですが、太陽光で発電した電気は、1キロワットあたり32円で電力会社が買い取ってくれます。この金額は流動的なのですが、最低でも10年間は固定価格で買い取り保証がついているため今がチャンスなのです。太陽光発電を安く導入することができれば、投資効率は高まり利幅も多くなります。太陽光発電には、システム出力によって住宅用と産業用に分類されます。住宅用とは自宅の屋根などに太陽光発電システムをとりつけ自宅で使用した分で余剰下電気を買い取ってくれる余剰買取制になっています。設置時に補助金が出るメリットがあります。

節税効果も高い

一方産業用は発電した電気をすべて買取してくれる制度です。割高なシステムを導入しない限り産業用のほうが効率的です。副業するのであれば、全量買取制である産業用がベストです。産業用のメガソーラーを行うためには広い土地が必要になります。最低でも200坪程度の土地が必要です。メガソーラーに適した土地は市街地とは限りません。日射量が多い土地であれば、山間部でも人の住んでいないところでも可能なのです。そのため、土地の坪単価が安い土地を購入することがおすすめです。節税効果も高いことが特徴です。システム取得コストが土地代金の比率より遥かに高く償却期間も不動産の建物に比較して長いため、減価償却費を多く計上できるメリットがあります。

近未来の投資方法

住宅

メガソーラーは近未来の投資方法です。土地を有効活用し電力を作り電力会社に売却することができます。日射量が多い土地ほど効率的に電力を作ることができます。土地に制限はなく山中など安い土地で発電すると利回りはよくなるのです。

詳細を確認する

大規模な太陽光発電

作業員

住宅用太陽光発電よりはるかに大きいのがメガソーラーであり、企業などが中心となって行うものとなっている。メガソーラーを行う際には、郊外に大規模な敷地を用意して始めることや、日照時間が長い地域を選んで始めることで効率が良くなる。

詳細を確認する

ニュース一覧

余っている土地の有効利用

家

メガソーラーは太陽光発電パネルをたくさん並べて、大規模な発電量を可能にする設備です。他の発電設備よりフレキシブルな点がメリットです。エネルギー問題が叫ばれている現在、余っている土地をメガソーラーに利用している地域が増えています。

詳細を確認する