副業や投資対象となるメガソーラーは節税効果も高い【近未来で有望の投資ビジネス】

一軒家

近未来の投資方法

住宅

日射量が多ければお得

新しい投資方法の一つにメガソーラーがあります。電気を太陽光発電で作り電力会社に販売する投資方法です。土地は市街地でなくても構わず、日射量が多い場所であれば、それなりに利益を出すことができます。また初期投資にほとんど費用が掛からず、少ない資金で始めることができるメリットもあります。メガソーラーのためには土地が必要です。山中に土地を買うこともできますが、農業を営んでいる人であれば、農地を上手に活用することも可能です。農業は冬期間は行っておらず土地は春まで遊ばせていることが多いのです。北海道や東北など降雪地帯では致し方ない部分はありますが、非降雪地帯であれば、冬期間の農地を活用して利益を得ることが可能なのです。

農地を利用するなどの工夫

夏は農地として冬はメガソーラーとして一年中土地を活用させることで利益は増加します。特に冬期間は日射量が夏よりも多いため、効率よく電力を生み出すことができます。かつては家庭用に使った電気の余剰部分だけを販売できる仕組みでしたが、今は産業用として発電したすべての電力を売却することができます。そのため、安いうちに土地を購入し、設備を整えることで、投資対象になるほか環境にも優しいクリーンエネルギーの貢献にもなります。自宅用であれば、設置費用を援助してもらえますが、産業用には費用援助がないことは注意しておかなければなりません。また税制上の優遇も発生しないことが自宅用との違いです。近未来の投資方法としてメガソーラーが注目されているのです。