副業や投資対象となるメガソーラーは節税効果も高い【近未来で有望の投資ビジネス】

一軒家

大規模な太陽光発電

作業員

設備設置と工夫

メガソーラーは、大きな敷地に大規模な太陽光発電設備を設置し、大容量の発電を行うものであり近年注目のものとなっている。メガソーラーでは、主に企業や自治体などの主導で行われるものとなっている。今後始まる電力の小売り自由化に伴い、メガソーラーを始める企業が増えてきている。メガソーラーを行う上での工夫として、大きな敷地が必要となるが、これらの敷地については郊外に持つことがポイントになる。地価の安い場所に設置することで、初期投資や維持費を抑えながら太陽光発電を行っていくことができる。また、日照時間も重要になる。地域により日照時間には差があるため、日照時間の長い場所を選ぶこともポイントになる。

大規模発電と特徴

メガソーラーの特徴は、住宅に設置される一般的な太陽光発電とは少し異なる。まずは、大規模な太陽光発電所という点がある。最近では、土地の有効活用手段として、個人で太陽光発電を始めるケースが増えている。これらでは、小規模な土地に太陽光発電の設備を設置し、売電収入で収益を上げるというものになる。また、個人宅などにおいても、家庭内の電力をまかなう為、太陽光発電の設備を導入する家庭も多くなってきている。これらでは小規模な電力の発電になるが、メガソーラーでは発電所のように大容量の電力を発電することが大きな特徴となっている。また、発電する場合には二酸化炭素の発生など地球環境への影響が大きくなるが、メガソーラーではそれらの影響がほとんどないという点も特徴となっている。